懸念 され る 意味。 「懸念」の類義語や言い換え

「懸案」と「懸念」の違いとは?意味を詳しく解釈

「る」は心を表す語で懸念のとも。 「懸念される」の例文 「懸念される」も、文中や文末でさまざまな使い方が可能です。 のはがとなっている。 状況に応じて使用してください。 特にビジネスシーンでは、相手や状況に合わせて、上手に言葉を使い分けていきたいものですね。

>

「懸念」の意味と使い方・例文・類義語・対義語・読み方|懸念される

4-2.「放念」:「お気になさらず」という表現に 「 」は「気がかりなことを 忘れて心に止めない」事を指す言葉ですが、一般的にはその意味では用いられません。 「心配」とは、気にかかって不安に思うことで、公の場で使う他に個人的な心情をあらわす時に使う言葉。 結局、君のとりこし苦労だったね。 危惧というのは、恐れている内容が具体的であることが多く、それらの不安事項が起こって欲しくないという強い願いが含まれています。 思うようにいかず、苦しくてあれこれ思いをめぐらせること。 どちらも心配する、不安になるという意味では同じなのですが、その使われ方には違いがあります。 「恐れ」は、危険性や可能性があることを表します。

>

「懸念」の意味と使い方・例文・類義語・対義語・読み方|懸念される

単に「心配な様子」や「不安な様子」を表しているのではなく、まだ起きていない未来の事柄に対し心配する状況で使ってください。 ・最大震度4を観測する地震が発生しましたが、この地震による津波の 心配はありません。 「懸念」の「懸」という漢字は、「けん」とも読めるため、「けんねん」と言い間違えないよう注意してください。 危惧というのが、危険なことや危ういことを不安に思うのに対して、懸念というのは人の心に対して不安を持っているような状態であると言うことも出来ます。 ですが、この「世話をすることと」という意味はあまり使われません…。 「」「」など、とて使うこともある。 では「ご懸念」を使った例文をご紹介します。

>

「懸念」の正しい意味とは?使い方と類語との違いを説明

例えば「A matter of concern」だと、「懸念されること」を意味し、「I was concerned about that」だと「私はそのことを懸念していた」という過去の文章となります。 3.「懸念」の類語と使い分け 「懸念」には「 危惧」「 懸案」「 憂慮 」など、多くの類語があります。 「懸念」「危惧」とは違い、一般的な会話においてよく用いられます。 つまり、どのように不安なのかを具体的に分けてあらわすために「懸念」と類語が存在していると覚えてください。 ・財政悪化を懸念する投資家はもちろん多い。 漠然と心が落ち着かない、不安であるなら「心配」や「不安」で十分です。

>

「懸念」と「恐れ」の違いとは?意味を詳しく解釈

・両国の関係悪化を懸念している。 使い方 懸念事項の使い方は、複数のパターンがあります。 会議や打ち合わせなどの議事録を作成する際には、まず決定事項と会議内容を記載してから最後に「懸案事項」を記載しましょう。 • 「懸案」は以前起きた出来事に対して使う場合がほとんどです。 たとえば、 「近所の孫が食事の 心配をしてくれる」といった使い方をする「心配」。

>

「懸念」とは?意味や使い方を類語も含めてご紹介

まずは「ご懸念」の類語を見ていきましょう。 他にも「」「」「worry」も懸念と同じ意味を持つ語だが、「concern」がなにふさわしである。 意味:私は彼の 懸念を理解できます。 例文としては、「しかし、現状では〇〇の影響が懸念されるため、今行動を起こすのは早計でしょう」という感じになります。 「懸念が残る」を使った例文2 「自分の技術や知識を総動員したノウハウを弟子たちに伝えきれていないので、私が引退した後の製品の完成度には懸念が残りました」 この 「懸念が残る」を使った例文は、 「自分の技術や知識を総動員したノウハウを弟子たちに伝えきれていないため、私が引退した後の製品の完成度には、気がかりで心配な所が残った」を意味しています。

>

「懸念」の意味と使い方を例文で解説!「懸案」「危惧」との使い分けや対義語もおさらい!

・新システムの導入で懸念されるのは、コストやバグといった点だ。 意義素 類語 な、またはやについて、心配または• これは人の心情を表しているものです。 例文は以下の通りです。 「ご懸念」というをとして用いることもできる。 「懸念」の使い方 「懸念」は将来起こる恐れがある出来事に対して心配をする場合に使う 「懸念」は、何らかの問題に対して心配事が生じた場合に使う言葉です。 「懸念点」の例文 「懸念点」は「懸念事項」と似た使い方があり、「懸念事項」の例文と合わせて整理するとわかりやすいです。 意味:固く信じて、疑わないこと。

>