鑑みる。 「鑑みる」という言葉の意味と正しい使い方

「鑑みる」の意味と使い方・例文・「踏まえる」「考慮する」との違いは?現役記者がサクッと解説!

「見込む」は「元と照らし合わせて、予見や予測をする」となり、同じ意味の使い方ができるのです。 これは四字熟語の「明鏡止水」という言葉のもとになっていて、「人は流れる水に自分を映すのではなく、止まった水で自分を映す」という意味があります。 顧みるの意味としては、回想する、過去のことを思う、心配する、気にかける、背後を反省して見る、もう一回来て見るという意味がありますが、メインに気にかける、過去を振り返るという意味で使うときが多くあります。 「手本」「見習う」は「手本にする」「〜に見習う」といった使い方をします。 例えば「先例に鑑みる」は「先例に照らし合わせて(比較参照して)物事を考える」という意味に対して、「先例を踏まえる」は「先例を基準にして判断する」ということになります。 「鑑みる」は先例や規範に照らし合わせるという意味があるため過去に存在するものに対した使い方が正しい いかがでしたか。 現在の状態を考えるのであれば、をという文字を使っても問題ありませんが、現状に照合して、現在の状態以外のことを考えるので、にという文字になります。

>

「鑑みる」と「考慮する」の違いとは?意味を詳しく解釈

」 現在どういう状態なのかを前置きにし、考察した結果、こういった改善が見られると具体的につなぐために使用できます。 「諸般の事情に鑑みて、方針を決定する。 しかし今に至るも何の音さたは頂いておりません。 「鑑みる」は過去に存在するものに対して使用する 「鑑みる」を「単に考えてみる」という様に、間違った使い方をしている場合があります。 「~に鑑みて」「~に鑑みると」のほか、「~に鑑み」という表現も見られます。 新入社員を慮って、いつも彼女は食事に誘ったり声をかけたりしている。 *今鏡〔1170〕一・序「いにしへをかがみ、いまをかがみるなどいふ事にてあるに」 *正法眼蔵〔1231~53〕弁道話「佗をもてわれをかへりみ、むかしをもていまをかがみるべし」 *太平記〔14C後〕一〇・稲村崎成干潟事「臣が忠義を鑒(カンガミ)て、潮を万里の外に退け」 No. 将来の選択肢を考えるに際して、歴史を顧みることほど重要なことはない。

>

「鑑みる」の意味と使い方!「考慮する」との違いは?|語彙力.com

「鑑みる」とは、単に「〜"を"考える」という意味ではなく、「(過去の例・手本)"に"照らして考える」というのが本来の意味。 」 「彼の証言と自分の体験を照らし合わせる。 「鑑みる」という言葉をご存知でしょうか。 「念頭に置く」は「考えに入れる。 「in the light o~」• 現状を鑑みるは間違った使い方である 鑑みるの使い方としては、失敗を鑑みて、現状を鑑みるなどがあります。 「鑑みる」と「考慮する」を使い分ける際は、「比較対象があるかどうか」を考えて使ってみましょう。 「~を鑑みる」は間違い? ネットニュースなどを見ていると、「~を鑑みて、」というふうに「を」という助詞が現在は良く使われています。

>

「鑑みる(かんがみる)」の意味と使い方とは?例文や類義語などを解説

先例があるため、単純に「~を考える」とは用いず、手本や先例、失敗などに「鑑みる」のように「~を」ではなく「~に鑑みる」と用います。 顧みるとは、振り向いて後ろの方を見る、過ぎた事や他人の事を振り返って考える、過去の事柄や過去の経過してきた過程の有様について考えてみる、他人や物事を気にかけながら心配りをするといった意味があります。 そのため、鑑みるの英語表現でも次のような熟語で使われます。 「鑑みる」の意味 「鑑みる」とは「手本に照らしてみる。 のっとる」「照らし合わせて考える」「参考にして考える」という意味があります。 正しく理解して使いましょう。

>

「鑑みる」の意味と使い方・例文・「踏まえる」「考慮する」との違いは?現役記者がサクッと解説!

【佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用】 《参考》 「鑑みる」の意味<大辞泉> 先例や規範に照らし合わせる。 誰かに気を使って、配慮をする場合にも、考慮といった表現が用いられます。 「Bさんは自分の意見を通し、Aさんの評論を無視しているので議題が平行線だ。 「鑑みる」の読み方 「鑑みる」は「かんがみる」と読みます。 」 鑑みる、という行動は誰にでも出来ます。 「考える」や「考えてみる」などと発音や意味合いが似ているため混同しやすいですが、ニュアンスが微妙に異なるので注意が必要です。

>

〜を鑑みる

【質問】 国会のこの提案と質疑において、反日と小中華思想についての議論はなかったのだろうか? 今後かの半島の反日と小中華思想にたいしてどういう方針を取るつもりなんだろうか?• どちらを使った方が適しているかは、手本にした程度なのか、丸々それが盛り込まれているのかの違いだと考えると分かりやすいでしょう。 「鑑みる」の意味 「鑑みる」とは「手本に照らしてみる。 難しく書かれていますが、要は「考える」という意味ですよね。 「勘案する」は日常ではなじみのない言葉ですが、使われている漢字を見ることで、意味が読み取れます。 詳しく見ていきましょう。 夜間はアルバイト店員や従業員人数が少ない事に鑑みると、夜間に正社員を最低1人は常駐させる必要があります。

>

「鑑みる」と「考慮する」の違いとは?意味を詳しく解釈

前述の通り、鑑みるという言葉は、「~に照らし合わせた結果」という意味ですから、それらの言葉とは使い方が違います。 「に」と「を」の違いに注意 鑑みるは、「~に鑑みる」が正しい使い方です。 一方、考慮するは、いろいろな物事や要素の影響に思いを巡らせて考えるという意味です。 特にビジネスシーンなどでも使われることがあるので、恥をかかないためにも正しい意味と使い方を習得しましょう。 「鑑みる」は「かんがみる」と読みます。 」 鑑みて終わりではなく、鑑みた後は改善策を打ち出しておきましょう。

>

「鑑みる」の意味。「~を鑑みる」は間違い!

比較対象がある点で共通していますが、踏まえるは基準として現状を判断する意味として使われます。 平家物語に「たとひ四部の書を鑑 かが みて」という表記があるようですが、現代語としては「鑑 かんが みる」で、「~に鑑みる」という用例がかかげられているのだから、わざわざこねくりまわした解釈をしないほうがいい。 「参考にする」と「鑑みる」を置き換えた例文で比較してみましょう。 「時局に鑑みて生産の増大をはかる」 三省堂 大辞林 【鑑みる】〔「かがみる(鑑)」の転〕 先例や規範に照らし合わせる。 例文としては、過去半年間の売上に鑑みた結果、医薬品のジャンルからは退くことを決定したというものなどがあります。 訓読みでは「かがみ」と読みますが、「鏡」という字ではないため注意しましょう。 getElementById closeButtionId ; clos. 例えば、先例を考慮しては先例の影響や方法などを考えるという意味で、先例に鑑みるは今回を先例に照合して考えるという意味になります。

>