乾隆 帝 えい らく。 嫻妃 輝発那拉氏 :乾隆帝の怒りをかって地位を奪われた悲劇の皇后

瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜

住所は。 『』(、1974年)を文庫化• 乾隆帝は「長春宮に戻りたいか」とたずね、皇后が目覚めたことを教える。 2018年中国のインターネットドラマランキングで1位、2位となった宮廷ドラマ『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』と『如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~』。 我が子を助けたい一心の裕太妃は、皇太后に救いを求めるが、冷たくあしらわれる。 危うく策略にはまりそうになった瓔珞。 爾晴にそのことを確認した上で、今後このような行いはするな、皇后を裏切るなときつく言う瓔珞。

>

中国No.1宮廷ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」日本上陸!8月2日(金)よりDVDリリース決定 | anemo

またドラマに出てくるシュウ・カイが演じるイケメンの傅恒(ふこう)は実弟。 嫻妃 輝発那拉 氏の史実 いつの時代の人? 生年月日:1718年 没年月日:1766年 姓:輝発那拉(中国語:ホイファナラ、日本語:きはつなら) 地位:継皇后、嫻妃(かんひ) 父:那爾布 母:郎佳氏 夫:乾隆帝(けんりゅうてい) 子供: 永璂(第12皇子) 娘(第5皇女) 永璟(第13皇子) 輝発那拉 (ホイファナラ)氏は清王朝の第6代皇帝・乾隆帝 (けんりゅうてい)の側室、後に皇后になりました。 病気が悪化 傅恒は北京に戻る途中で雲南に立ち寄って政治的ないくつかの問題を片付けて帰国しました。 ところが、乾隆帝は激怒してその家臣を処刑しました。 そして第15皇子を産んだ時、お産で死にかけた瓔珞を見て、第5皇子は瓔珞の健康を守ると決意したらしい。 主人公・魏瓔珞のモデルとなったのは、最盛期の清朝を治めた乾隆帝の時代(在位1735~1795年)、数多い妃嬪の中で最も寵愛されたと言われる実在の女性で、のちの孝儀純(こうぎじゅん)皇后となる人物。 これは最後の皇帝だったにとってはに紫禁城を退去させられた時以上に衝撃的な出来事であり、彼の対日接近、のちの建国および彼のへの再即位への布石にもなった。

>

中国(華流)ドラマ【瓔珞(エイラク)】 あらすじ全話一覧

中国ドラマ(エイラク)のあまりの盛り上がりと快進撃を受け、華美な描写や欲望渦巻く宮廷闘争が社会主義的価値観に悪影響を及ぼすとして、中国当局の批判を受け、テレビ放送が中止に追い込まれるという異例の事態に発展したほどです。 そんな中、妃嬪たちの権力争いに首を突っ込んでしまった瓔珞は、類まれな聡明さを認められて皇后・富察(フチャ)氏の侍女として仕えることに。 『乾隆帝 その政治の図像学』 〈〉、2007年、。 その晩、皇后は幽閉されていた純答応のところに行き、瓔珞がこのために妃嬪になったと教え、恨みを晴らすべく彼女を殺害します。 このとき14歳でした。

>

瓔珞(エイラク)中国ドラマネタバレ最終回!裏であやつる黒幕がついに発覚!

(このエピソードは「璎珞」のドラマにあり) 金銀を好まず、髪飾りはベルベットで作った造花だったという。 父を探すとその人物は 雍正帝 ようぜいてい 乾隆帝の父 であった。 自らも「史上自分ほど幸福な天子はいない」と自慢していたという。 延禧の読み方はイェンシー。 ところが葬儀の規模は皇后の葬儀にしては小さく、出席者の数は少なかったのです。 紫禁城へやってきた爾晴を、瓔珞は皇后の位牌の前に連れて行き、毒薬を渡し『自害しろ』と言い、爾晴は自害します。

>

瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

満州族の伝統で名前を書く時は普通は姓の富察は付けません。 雷電が起きる、という話を聞いた瓔珞。 試写会やグッズのプレゼントもあります。 この時期には文化が大いに振興し、宮廷はきらびやかに飾られ、乾隆帝自身も数多くのを作った。 あまりの盛り上がりに、華美な描写や欲望渦巻く宮廷闘争が社会主義的価値観に悪影響を及ぼすとして、中国当局の批判を受け、テレビ放送が中止に追い込まれるという異例の事態に発展したほどだ。 チベット仏教に関連する重要な事績は大きく3つある。 乾隆帝は、野心がないと呆れる。

>

🔥瓔珞(エイラク)|64話・65話・66話あらすじ・ネタバレ感想|

総再生数180億回を突破• みんな頭おかしい。 「那拉ナラ」説について 「烏拉」や「輝發」は地名。 女官として後宮に入り繍坊で働き始めた魏瓔珞(ぎえいらく)は、持ち前の正義感と頭脳で数々の試練を乗り越えていく一方、ある目的のために密かに行動する。 戸籍や財政を担う)主催の八旗選秀といわれる妻妾選びと、内務府主催の宮女(皇宮や王府で働く奴婢)選びがあります。 名前:カーメイン・シェー(余詩曼)• やり方は容赦ないけど、いつも義の為。

>