危ない 地名。 住所に入っていたら危険すぎる漢字リスト…あなたの家は大丈夫?

地震が起きやすい危険な地域! 名前でわかる危ない地名まとめ

土砂崩れ。 幅下(名古屋市)。 あ 飽屈、阿久津(あくつ)、 秋戸(あきど)等、あくつ、あくと、を連想させる地名は湿地帯である 足原等も、あし=葦が茂っていた所と言うことは同じく湿地や川の氾濫を警戒してみる必要がある• 現在では各地の地名を分析し、ハザードマップ作製に役立てようという動きも出てきています。 「あけ」も「あか」と同じ。 「丹」とは水銀赤(ベンガラ色?)で、この時代の日本の重要な輸出品だったそうです。 「平野」などがそうで、平らなところと思いがちですがそうではありません。

>

水害に弱い街は地名でわかる!? ~地名は水害の履歴書 [住みたい街 関西] All About

地すべり。 ドイツの鉄血宰相ビスマルクは「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という言葉を残しています。 地下水位が高く、地すべりをおこしやすい。 阿波は良く分からないなぁ。 その後幕府により新しく宿が作られ、かつてその場所の所有者であった内藤氏の名前から「内藤新宿」と呼ばれるようになったのです。 【】 「アソ・アズ・アト」: 浅い谷や崩れやすい崖地を表す。

>

「窪、谷、沢」がつく地名は本当に危ないのか? 震災後に注目された“災害地名”が参考にならない理由

【】 # 猿渡(さるわたり): 熊本県上益城郡 ・ 「さる」は「され・ざれ(崖)」から転じた。 【参考URL】 国土交通省九州地方整備局「防災の取り組みと過去の災害」 新宿区HP 千代田区HP フォーラムミカサ・エコ 地震ハザードの説明力向上のための地名活用に関する研究 災害の記憶をいまに伝える日本全国「あぶない地名」 あわせて読みたい関連記事• しん 新田、新開、新地は海などを干拓した所で、地盤は軟弱である• レイクタウン(埼玉県越谷市)、メルヘンランド(富山県小矢部市)、くりえいと(福岡県宗像市)…。 不自然に明るい印象を受ける地名が付けられる背景には、行政や企業が災害を示す旧地名、いわゆる『あぶない地名』を隠そうとする意図が見られる場合もあるようです」 楠原氏が「あぶない地名」と表現する、災害と密接に関連した地名。 住居に関する勉強に興味がある方は、建築や設計だけではなく、住居学という学問があることをぜひ覚えておいてくださいね。 例) 『崖: 昔は「ハケ」や「ママ」「ハバ」と呼んだ。

>

こんな地名は水害に注意!ありきたりの地名に潜む驚きの意味 「落合」「三島」「~ヶ丘」etc…… WEDGE Infinity(ウェッジ)

・ クエ・クレ: 崩れる場所をあらわす。 そういう場所には先人が災害を示唆する地名をつけていることが多い。 がこうなるのは想定済みですから、ご心配には及びません。 また深草には屯倉(みやけ)が設けられていたという。 西日本豪雨では岐阜県西部も記録的な大雨に見舞われているが、かつて岡田藩も領地の同時豪雨に悩まされ、水防の専門家を育成しようとしたのかもしれない。

>

水害に弱い街は地名でわかる!? ~地名は水害の履歴書 [住みたい街 関西] All About

施設や居住者などにちなむ地名としては中央区銀座(銀座があった)、世田谷区三軒茶屋(三軒の茶屋があった)、港区六本木(松の古木があった、付近に上杉、朽木、高木、青木、片桐、一柳と木に関する苗字の大名屋敷が6軒あったの2説あり)などが分かりやすいところ。 狭い範囲を示す小字などを除けば、ある程度の面積をもった現実の大字・町名のレベルでは「窪のつく地名」の大半の領域が窪地ではない。 人物(その土地と縁の深い人物の名)• 河川の氾濫、地すべり、土砂崩れなどがあった場所には それぞれよく使われる言葉(読み)があります。 「あゆ」「ひる」は軟弱な土地。 龍の曲がりくねった様は川の蛇行を表し、氾濫しやすい。 九つの頭を持つ竜が暴れたように見えたのだろうか、、 2、鮎(アユ) 「揺く(あゆく)」に由来する。 しかし、逆に安全な場所を見つけるにはどうすれば良いのだろうか? 安全な地域とは? 東日本大震災の津波の際、 古い神社ほど津波被害を受けていないという。

>

【戦慄】地名に入っていたらヤバすぎる漢字9選!過去に自然災害の歴史があるかも、、

広島市で発生した土砂災害では72人が死亡し、今なお2人が行方不明のままだ。 たとえば「窪地には窪のつく地名が発生する」という説明は妥当だとしても、順番を逆にして「窪のつく地名は窪地である」と言ったら大きな間違いだ。 低い土地は、水が溜まりやすくなります。 ・ カマ・カミ: 「か(咬)む」に由来し、抉られた窪地や谷間を表す。 代表例は柿の木坂。 ・ 羽場。 ・ 古語で「アカ」とは水を意味する。

>