山口 潤一郎。 Baran Labに留学して:山口潤一郎

山口潤一郎

ISSN:20416520 概要:A programmed synthesis of privileged arylthiazoles via sequential C-H couplings catalyzed by palladium or nickel catalysts has been accomplished. 4月 日本学術振興会海外特別研究員 PD• 6つの異なるアリール基を持つベンゼン、すなわち「6置換アリールベンゼン」は、これまでにない化合物であるうえに、構造のバリエーションも無尽蔵でおもしろいと思ったからです。 However, the female molecule for this competency induction has not been reported. 日本化学会進歩賞• 有機合成化学協会• また、人並みにカリフォルニア州や米国を満喫した。 こういう考えがラボの目標である「分子をぶっ壊す」につながっています。 さらにはこのチームリーダーになってくれと言われ研究が始まった。 Banyu Chemist Award BCA 2013• 研究は新規かつ効率的合成戦略をベースとした天然物合成研究と反応開発であり、ポスドクや学生が1人のテーマもあれば、私のように2〜5人をかけてでも一刻も早く合成したいというテーマもあった。 化学好きが高じて大学に進学したが、必修科目である有機化学の講義は化合物の命名法ばかりで興味が持てなかった。 ISSN:1434193X 概要:Life-threatening infections caused by bacteria that have developed resistance to common antibiotics, such as methicillin-resistant Staphylococcus aureus MRSA , have become a serious problem in hospitals and other areas all over the world. ISSN:20416520 概要:The first nickel-catalyzed C-H arylations and alkenylations of imidazoles with phenol and enol derivatives are described. The intermediate of an assumed C-O oxidative addition was isolated and characterized by X-ray crystal-structure analysis. This C-H arylation reaction, which is retrosynthetically straightforward but results in unusual regioselectivity, could result in de novo syntheses of pyrrole-derived natural products and pharmaceuticals. 科学技術への顕著な貢献 2017(ナイスステップな研究者)• 数ヶ月後には化学が始まるスタート地点、という意味を込めて「Chem-Station」と命名。

>

Baran Labに留学して:山口潤一郎

Archive• しかし、構想を練ったりWebの勉強をしたりするうちに、「せっかくだから、化学を知りたい人や、やってみたい人の玄関になるようなサイトにしたい」と思うようになり、総合化学サイトという方向にシフトしていき、今に至ります。 米国スクリプス研究所博士研究員を経て、2008年名古屋大学理学研究科助教となる。 This review focuses on the synthesis of biologically active ACPAs and categorizes, by reaction type, the synthetic methods used toward such compounds. This factor, named AMOR, was identified as an arabinogalactan polysaccharide, the terminal 4-O-methyl-glucuronosyl residue of which was necessary for its activity. 2 Aminocyclopropane 5 Miscellaneous Methods 5. 11月 化学科留学( - 12月)• 日本化学会 学生講演賞• 最近、「簡単な内容の記事をChem-Stationに掲載するなんて恐れ多い」というような声もでてきているようなのですが、「大学で化学科に入学して、こんなことをやっている」といった簡単な内容でも、私は全然かまわないと考えています。 食事はTLCを展開している間、家にも週に2,3回しか帰らず、Philのカウチで仮眠しながら実験を行った。 概要: A palladium-catalyzed decarbonylative alkynylation reaction of aromatic esters with terminal alkynes is reported. ISSN:14770520 概要:Chemokine receptor 5 CCR5 antagonists provide a new therapeutic approach in the treatment of HIV-1 AIDS. 大学3年の後期に、当時の先生(現・東北大の林雄二郎教授)が有機化学のゼミを開いてくださり、そこで人名反応と呼ばれる化学反応が取り上げられていたのですが、それがとても面白かったんです。 「あいつ、壊してる人でしょ」って言われたい……「破壊王」みたいな(笑)。 「先日、高校時代からケムステのファンで、早稲田大学の応用化学科に合格したという学生がいました。

>

山口 潤一郎

これには大変こたえた。 「ケムステが無ければ今より何十報か多く論文を出せていたかもしれません。 実際に合成してみたらとんとん拍子にうまくいったんです。 Recently, inexpensive catalysts based on transition metals such as copper, iron, cobalt, and nickel have seen more use in the laboratory. 俺も反応を仕込む!と白衣を着て現れたこともあった。 それが伝わったのか、チームメンバーも怒濤の勢いで研究するようになり、化学でも皆一丸となった。

>

山口 潤一郎

日本ケミカルバイオロジー学会• 化学コミュニケーション賞• 今回は、ケムステの中心人物である早稲田大学の山口潤一郎准教授にお話を伺った。 一方で、若い学生が少なくなってしまっているのが悩みです。 ITbM Research Award• 天然物化学談話会奨励賞• 文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)• また、この留学は日本学術振興会海外特別研究員として行われたものであり、この場を借りて御礼申し上げます。 一方でこのケムステが、企業ではなく現役の研究者達が中心となって運営されていることはあまり知られていないのではないだろうか。 3月 東京理科大学大学院工学研究科工業化学専攻 修士課程修了• Baran研究室の生活は非常にエキサイティングであったが、その他にもスクリプス研究所では多数の優秀な学生、研究者と出会う経験を得た。

>

Publication

8月 ()客員教授( - 2012年9月)• Chem-Stationを立ち上げられたきっかけについて教えていただけますか。 これを多くの人に知ってほしい、という思いで作成したウェブサイトが、ケムステの前身だ。 This feature article reports the synthesis of fully arylated hetero arenes bearing more than two different aryl substituents and categorizes this emerging topic by the type of hetero arene core and the type of chemistry employed to install the hetero aryl substituents. 研究者にとって研究費の獲得は、手段であり目的ではない。 ここからの数ヶ月は休みなく、魅力的なサンディエゴの気候に心を奪われそうになりながら合成研究に没頭した。 4月 准教授• 合成化学者としての山口准教授 —山口先生の有機合成研究といえば、2015年にNature Chemistry誌で発表されていた「6置換ベンゼン」の研究がとても印象的でした。

>

山口潤一郎とは

「合成経路や用いる反応の選択、条件の最適化など、有機合成の研究者としての勘を磨くよい経験でした。 愛用の白衣を身にまとい、フラスコの中に生まれた新物質を見つめる有機化学者の姿は、昔も今も多くの人たちの憧れです。 分子を解析する人も含め「分子をつかう人」だったら、分子を壊そうとは考えないですよね。 Herein, we report a step-economical and diversity-oriented synthesis of a series of 2-arylidenehydrazinyl-4- arylthiazole and 2-arylidenehydrazinyl-5-arylthiazole analogues that utilizes C-H coupling methodologies. 若い世代の特別講演会 特別講演証• 近畿化学協会有機金属部会• We suggest that the AMOR sugar chain in the ovary renders the pollen tube competent to the chemotropic response prior to final guidance by LURE peptides. TAK-779 displays high affinity and selectivity for the CCR5 receptor and serves as a lead compound for the development of further antagonists. Synthesis, binding affinity and structure-activity relationships of novel, selective and dual targeting CCR2 and CCR5 receptor antagonists Junker A. Thieme Chemistry Journal Award• 11月 化学科留学( - 12月)• 東部屋は夜型であり、西部屋は朝型で、寝坊して朝9時に来ると必ず最後で皆すでにバリバリと実験を行っていた。 We also generated NCD38 derivatives, which are known as LSD1 selective inhibitors, and discovered a more effective inhibitor compared to the original NCD38. Emerging evidence suggests that the ovular directional cue is not sufficient for successful guidance but that competency control by the pistil is critical for the response of pollen tubes to the attraction signal [1, 3, 7]. 本体験記は近畿化学協会有機金属部会Organometallic Newsに掲載されたものを改変、編集したものです。 This reaction allows for halogen-free Sonogashira coupling, resulting in various aryl- and heteroarylalkynes. To showcase these methods, we have accomplished the formal synthesis of thiopeptide antibiotics GE2270 s and amythiamicins. The C-H arylation of imidazoles with chloroarenes as well as that of thiazoles and oxazoles with phenol derivatives can also be achieved with this catalytic system. With a user-friendly and inexpensive nickel catalyst, a range of phenyl esters of aromatic, heteroaromatic and aliphatic carboxylic acids react with boronic acids in a decarbonylative manner. Under these conditions, the tertiary amine and the tertiary alcohol were well-tolerated. 特に、分子がでてくるような化学が……分子の構造が好きなんです。

>

早稲田大学 研究者データベース

ここから米国の研究者、Philの研究に対する「熱意」を、身をもって体験することになった。 For this transformation, 3,4-bis dicyclohexylphosphino thiophene dcypt was identified as a new, enabling, air-stable ligand for this transformation. これはチーム皆の努力の賜物であり、最終生成物のNMRを確認した際はPhilと皆で大声を挙げて喜び合い、祝杯をあげた。 博士(工学)。 6置換アリールベンゼン合成のイメージ図 でも私はチオフェンを、硫黄原子を含むチオフェンとしてではなく、4つの炭素原子のユニットだと捉えているんです。 The mechanism of an aromatic C-H coupling reaction between heteroarenes and arylboronic acids using a Pd catalyst was theoretically and experimentally investigated. 名古屋大学理学研究科准教授などを経て、2016年から現職。

>

Baran Labに留学して:山口潤一郎

We identified the C-B transmetalation as the rate-determining step. The key to the success of the C-H coupling of imidazoles is the use of a tertiary alcohol as solvent. This reaction not only functions in an intramolecular setting but also allows for a cross-etherification using other phenols. サイエンスは全部好きだけど、私はやっぱり化学が好きなので。 とはいってもその合成手法はほぼ自由であり、Philとの綿密なディスカッションで大枠を設定し、随時修正していく。 主な略歴 [ ] 学歴• 近畿化学協会有機金属部会• 3月 東京理科大学大学院工学研究科工業化学専攻 修士課程修了• ただ、夜9時を過ぎるとほとんど誰もいなかった。 レベルが高く、英語を聞き取るだけで精一杯であったが大変鍛えられた。 ISSN:14337851 概要:A step-economical and stereodivergent synthesis of privileged 2-arylcyclopropylamines ACPAs through a C- sp3 -H borylation and Suzuki-Miyaura coupling sequence has been developed. Using this method, we showed that pollen tubes growing through a cut style acquired a response capability in the medium by receiving a sufficient amount of a factor derived from mature ovules of Torenia. This also allows the use of an air-stable nickel ii salt as the catalyst precursor. The first period-shortening molecules that target the cryptochrome CRY were thus discovered. Angewandte Chemie - International Edition 2015年- By using cutting-edge C-H activation chemistry, a focused library of KL001 derivatives was rapidly constructed, which enabled the identification of the critical sites on KL001 derivatives that induce a rhythm-changing activity along with the components that trigger opposite modes of action. ケムステの副次的効果 通常の有機合成は、開始物質から様々な中間体を経て最終産物を合成していく。 The Pd-catalyzed C4 arylation of thiazole 2a with arylboronic acid 6 could be achieved in the presence of Pd OAc 2, 1,10-phenanthroline, TEMPO, and LiBF4. Therefore, dual targeting of both receptors appeals as a promising strategy for the treatment of such complex, multifactorial disorders. —でも、「分子をぶっ壊す」ことを掲げていらっしゃいますよね。 また、取材先やケムステ読者の研究者たちは、異分野の情報交換ができるネットワークとして価値を発揮している。

>