沖縄 療育 園。 当施設について│沖縄中部療育医療センター

沖縄一条園

高齢者の皆さんが住み慣れた地域で自分らし い暮らしを続けていけるよう、医療・介護・福祉などの関係機関や地域住民と連携して支援しています。 施設の大規模改築が行われ、平成24年11月から1年間、那覇市古波蔵の旧赤十字病院へ全施設が一時移転して医療と療育活動を継続しました。 このような状況のなかで、児童養護施設「漲水学園」において、貧困世帯の子どもたちを対象に週2回の学習支援を、宮古島市の協力を得ながら実施しています。 このように福祉教育の場としての役割も果たしながら、「明るく、楽しく、夢のある沖縄県社会福祉事業団」らしい音楽祭を行っています。 値は患者一人あたり6.4平方メートル未満の病床の数です。 筋力や関節可動域などの身体機能を改善する運動療法を行ったり、温熱、光線、電気などを用いて、痛みや循環の改善を図る物理療法を行ったりします。

>

当施設について│沖縄中部療育医療センター

免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 値は医療機関が保有する台数です。 社会に対する姿勢(社会・地域に貢献し信頼され愛される施設を目指す) 3. 園長 平安山 英盛 施設の概要 開設年月日 昭和47年4月6日 定員 100人 入所対象者 【療養介護】 ・病院等への長期の入院による医療的ケアに加え常時の介護を必要とする方で次に該当する方 1 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者等気管切開を伴う人工呼吸器による呼吸管理を 行っている方であって、障害支援区分が区分6 2 筋ジストロフィー患者または重症心身障害者であって、障害支援区分が区分5以上 【医療型障害児入所支援】 ・児童相談所、市町村保健センター、医師等により療育の必要性が認められた知的障害児(自 閉症児)、肢体不自由児、重症心身障害児 ・手帳の有無は問わない 申込先(入所方法) 市町村や児童相談所へ相談、調査・認定を受けた後に施設と契約 苦情解決制度 当施設は、利用者の皆さんや関係機関、ご家族のご意見や苦情に真摯に向き合い、適切に解決し、更なるサービスの質の向上を図ります。 障害児支援施設 【定員:児童入所支援 20名/短期入所4名】 事業目的 障害児を保護すると共に、自立に必要な知識技能を与えること、また、障害児と保護者の意思及び人格を尊重し、障害児・保護者の立場に立った適切な支援を提供する事を目的とする。 第三者委員制度もご活用下さい。 100床 稼働病床 85床 療 養 病 床 許可病床 0床 うち医療 療養病床 0床 稼働病床 0床 うち医療 療養病床 0床 上記のうち医療法上の経過措置に該当する病床数 病室の広さは患者一人あたり6.4平方メートル以上と定められていますが、平成13年3月1日以前に許可を受けた医療機関は、6.4平方メートル未満でも可とされています。

>

【浦添市】 沖縄療育園

経営改革の視点と意欲を持ち、透明性が確保され、効率的でバランスのとれた健全な経営に努めま す。 厳しい社会生活のなかで不安や悩みを抱え込み、なかなか仕事等が定着しない場合があります。 値は医療機関が保有する台数です。 施設全体 項目の解説) C T マ ル チ ス ラ イ ス 64列以上 CTは、X線(放射線)を使って、身体の断面を撮影する装置です。 障害が起こっているメカニズムを明らかにし、対処法を探るために検査、評価し、必要に応じて訓練やアドバイスを行います。 施設長あいさつ 昭和47年4月、当時県内唯一の重症心身障害施設として創立され、45年の歴史を刻んできました。

>

外来案内

今後の活動の方向性・ビジョン 平成25年度 共同募金会 遊具設置に係る補助金 500,000円 平成26年度 共同募金会 車両購入に係る補助金 1,400,000円 平成26年度 中央競馬馬主社会福祉財団 車両購入に係る補助金 530,000円 平成26年度 沖縄県 施設新築に係る補助金 19,000,000円 平成26年度 沖縄県 施設改築に係る補助金 609,746,000円 平成27年度 日本財団 車両配備に係る補助金 2,450,000円 平成27年度 沖縄県 施設改築に係る補助金 449,821,160円 平成28年度 沖縄県 外構・外壁改築に係る補助金 37,097,000円 平成28年度 沖縄県 施設改修に係る補助金 22,488,000円 平成29年度 沖縄県 LED照明交換工事補助金 1,814,225円 平成29年度 沖縄県 空調機器取替工事補助金 5,590,775円 平成29年度 石垣市 建物新築工事補助金 172,878,000円 平成29年度 中央競馬馬主社会福祉財団 車両配備に係る補助金 940,000円 平成29年度 おぎゃー献金 車輌配備に係る補助金 1,500,000円 平成30年度 みずほ財団 社会福祉助成金 1,000,000円 他のNPO・市民活動団体との協働、他の学協会との共同研究・協働の実績. 【対象者】 地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な者として次に掲げる者 1 障害支援区分が区分3(障害者支援施設等に入所する場合は区分4)以上である者 2 年齢が50歳以上の場合は、障害支援区分が区分2(障害者支援施設等に入所する場合は区分3)以上である者 3 生活介護と施設入所支援との利用の組合わせを希望する者であって、障害支援区分が区分4(50歳以上の者は区分3)より低い者で、指定特定相談支援事業者によるサービス等利用計画案を作成する手続を経た上で、市町村により利用の組合わせの必要性が認められた者 [1] 障害者自立支援法の施行時の身体・知的の旧法施設(通所施設も含む。 前者は医療療養病床、後者は介護療養病床と呼んでいます。 このような問題を解決するため施設の職員が卒園児の訪問を行い、直接話しを聞き、適切なアドバイス等を行いながら、問題解決ができるような体制を構築しています。 。 値は医療機関が保有する台数です。

>

施設紹介

利用者の人権を尊重し、安全・安心・快適なサービスの提供に努めます。 卒園児は高校卒業と同時に施設を退所しなければならず、1人で社会生活を行っていかなければなりません。 その実現のために、「人材育成に関する要綱」を策定し、(1)人事考課制度、(2)研修制度、(3)キャリアパス制度を明確にし、職員が成長する環境の整備を行い、総合的な人材マネジメントシステムの導入を開始致しました。 利用者に対する姿勢(利用者本位の良質な福祉サービスの提供を目指す) 2. 掲載のお申込みや掲載内容の修正および削除については、その都度お問い合わせ頂ければと思います。 作業療法の手段には、土木、陶芸、園芸、織物、料理、手芸、絵画、音楽などがあり、個人あるいは集団で行います。 参考)理学療法士 座る、立つ、歩くなどの基本動作ができるように、身体の基本的機能の回復をサポートするリハビリテーションの専門職です。

>

沖縄中央育成園あさひ寮

施設長あいさつ 平素より、名護厚生園にあたたかいご支援とご協力を賜り、心からお礼と感謝を申し上げます。 現在特に力を入れていること 当法人では児童養護施設「漲水学園」の卒園児を対象に定期的に訪問を行い、卒園後のアフターフォローを行っております。 併設するピノキオでは日中活動支援を行っております。 平成22年度より、施設の非耐震性、老朽化や利用者の増加による狭隘化のために施設整備が開始され、25年度末で旧肢体不自由児施設や通園事業(バンビ、アンデルセン、アラジン)の建物の改築が終了しました。 (参考)言語聴覚士 上手く話せない、声が出にくいなどのコミュニケーションや、食べ物を飲み込むなどの能力に問題が生じている場合に、その回復をサポートするリハビリテーションの専門職です。

>

名護厚生園(名護市)

当法人は経営理念である、「利用者本位のサービスの質の向上と経営基盤の強化を図るとともに、広く地域に貢献し、地域の人々に信頼され愛される法人」を目指しております。 児童福祉法および障害者自立支援法が改正され、平成25年4月から障害種別で分類されていた施設の入所サービスが一元化されて「医療型障害児入所施設」に統一されました。 職員一同一丸となって、地域福祉の向上と利用者本位のサービスが実現できるよう努めて参ります。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。 私たちは、地域の人々が幸せになるためにこの福祉事業を展開しております。 担当地区は、沖縄市の西部南「久保田、諸見里、山里、山内、南風原」の5地区となっております。

>