経団連 中西。 経団連、“ポスト中西”が誰もいない…次期会長選び、有力候補が不在に

[Gゼロサミット2020]「持続可能な資本主義を」…中西経団連会長が寄稿 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

(中略) 今後は、日本の長期にわたる雇用慣行となってきた新卒一括採用に加え、ジョブ型雇用を念頭に置いた採用(以下、ジョブ型採用)も含め、学生個人の意思に応じた、複線的で多様な採用形態に、秩序をもって移行すべきとの認識で、産業界側と大学側が合意した」 大学側が心から合意したのか、渋々合意したのかわからないが、中西会長の日頃の思いが見て取れる。 ただ現場は時々、そうじゃないことがいっぱいある」と語った。 コロナ禍は生命の危機をもたらしただけでなく、世界経済を後退させ、格差を拡大させた。 実現価値を真正面から提案することが、日本企業の一番の得意技だからです。 しかし、どうすればいいのか分からず、同行人の手助けを借りたという。 同じ総合電機として競い合ってきた東芝は不正会計に端を発し苦境に陥っている。 給与が低くても安心できるような住宅供給政策も必要になる。

>

「中西宏明」のニュース一覧: 日本経済新聞

その際、従来の株主至上の資本主義に代わるサステイナブル(持続可能)な資本主義を追求することが求められている。 欧米では大学を出ても就職できない人が多い。 また、職業教育を充実させたとしても、ジョブ型採用に転換すると採用数が限定される。 法的に人材の入れ替えが自由にできるようになれば、会社にとって必要な人材であれば年齢が高くても問題がないからだ。 スマートファクトリーを目指すドイツ発の「Industry4. マルチステークホルダーキャピタリズム、つまり企業がもうけるだけじゃなくて、社会についても考えるという点で、日本は世界の中でもけっこう進んでいます。

>

全国民唖然…経団連会長「初めてメール問題」で本当に心配なこと(佃 均)

人柄からいえば越智氏は候補だが、化学出身の経団連会社については、事務局にトラウマがある。 入社は制御機器を生産する大みか工場(現大みか事業所)。 もっとも中西氏自身は、おそらくこれまでの経団連会長と比べても、そして他の企業のトップたちと比べても、ITリテラシーの点で突出した人物であることは間違いない。 1998年に経団連会長に就いたのは新日鉄会長だった今井敬氏。 「無理やり『技術をよこせ』という話はもうよしましょう、と言わないといけない。 と呼ばれた高度成長期のようなパワーはないものの、産業界の利益代表であるとともに、国民世論の声を代弁する役割も担うなど、国政への影響力もある。 東芝の経営トップは先日亡くなった西室さん(泰三元社長)以降、特に財界活動への意欲が増した。

>

全国民唖然…経団連会長「初めてメール問題」で本当に心配なこと(佃 均)

そのほか香港も日本から350億ドル相当を輸入した。 経団連で要職を務めた財界OBの一人は安堵(あんど)の表情を浮かべる。 こうしたなか、メディアとの対話を通じて経団連の考えを発信することは極めて重要であり、可能な限り記者会見を続けていきたい。 新型コロナの影響のなか、デジタルを前提とした制度への見直し、テレワークの普及などにつながる規制・制度改革を取りまとめた。 nui-aspect-container--16-9 img,. 0の実現に向けたアーキテクチャーの重要性やそれがもたらす価値などを聞いた。 本人にも意欲があったことから、読売新聞は2010年元旦の1面で「経団連の次期会長、東芝・西田氏が有力」との見出しを掲載、本文中では「日本経団連の御手洗冨士夫会長(74歳)(キヤノン会長)の後任に、西田厚聰副会長(66歳)(東芝会長)が最有力となったことが31日、分かった。

>

[Gゼロサミット2020]「持続可能な資本主義を」…中西経団連会長が寄稿 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

昨今ではシェアリングの世界になっています。 家電からエレクトロニクス、コンピューターまで、世界の生産量の7割近くも日本が担っていたのですから。 選ぶ立場の米倉会長の脳裏にあったのは日立の川村隆会長であり、実際に打診もした。 ジョブで決まる以上、仕事と関係のない扶養手当や年齢給、持ち家の有無で決まる住宅手当もない。 ただ、太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入には、天候によって発電量が大きく変動するため、送配電網の増強や大型の蓄電池の開発など巨額の投資が不可欠で、既存の電力会社の再編を含めた構造改革が必要だと提言することにしています。 経団連会長の就任によって日立がどう変質していくのかにも注視しなければいけない。

>

中西経団連会長が喝!「気候変動に危機感がない日本企業がおかしい」

その都度必要な人材の一部を中途で採用すればよいではないかと思うし、新卒一括採用を含む終身雇用の仕組みまで見直すというのは極端すぎないかという気がする。 盛田氏は世界で一番有名な日本人経営者。 今、経済成長と環境問題への対応を同時に両立させると言っていると、世界からは「ちょっとあなた分かってないね」と言われてしまう。 川村さんは戦中生まれ(39年)、中西さんは戦後(46年)。 70歳定年と終身雇用廃止は矛盾しない ところで政府は60歳定年後も70歳まで雇用を確保することを企業に義務づけることを検討している(当初は努力義務とし、時期を見て義務化)。 0の時代にはこれまでの製品・業種別産業の垣根が消滅する。

>