Powerpoint 目次。 パワーポイント 目次のおしゃれなデザイン例を紹介|ページ番号設定

PowerPointのスライドに「目次」を作成する方法

マニュアルの量が多い時はアウトラインをただ並べるだけではなく、大枠のカテゴリーに分けるとさらに見やすくなります。 [ 新しいドキュメントの作成]: プレゼンテーションから別のプレゼンテーションにリンクします。 まずは「スライドのサイズ」を小さくする。 タスクバーの[標準]ボタンをクリックして、アウトライン表示に切り替えることができます。 [ アドレス] ボックスに、Web アドレスを入力します。 [スライド一覧] ツールバーの [目次スライド] をクリックします。 WebサイトやJPGやPDFファイルなどを開く 「ファイル、Webページ」タブをクリック 赤枠のアドレスの横にテキストエリアがあるので URLかファイルを入力。

>

目次スライド機能でプレゼンの内容を一覧にする|クリエアナブキのちょこテク

新しいスライドを追加する• 同種の要素間の余白は、均等な大きさで間隔を設定するようにしましょう。 原則、これだけあれば十分です。 「ノートの領域」のサイズ変更 ノートの編集が終わったら、ウィンドウ下部にある「ノート」をもう一度クリックする。 通信サービスイベント プレゼン資料• 文字情報だけでなく画像にも設定することが可能です。 スライドの再利用• 注目すべきポイントに読み手の視線をしっかりとナビゲーションすることが大切です。 「表示」タブにある「ノート」をクリックすると以下の図のような画面になり、上部に「スライド」、下部に「ノート」が配置されたA4サイズの用紙が表示される。

>

パワーポイントの目次を作成する方法と様々な編集方法|Office Hack

最後に パワーポイントの目次についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。 スポンサードリンク ||目次スライドを作成したい. PowerPoint(パワーポイント)の別のスライドに移動する• <目次>• [ スライド ショー] タブの [ スライド ショーの再生] で、[ 目的別スライド ショー] をクリックしてから、[ 目的別スライド ショーの編集] をクリックします。 ハイパーリンクのテスト リンクを挿入した後に、リンクをテストできます 標準表示モード。 [ポップ ヒント]:スライド上のリンクされたテキストにマウスをポイントすると表示されるテキスト。 スライドの背景の書式設定• 目次には用途によって目次の見せ方を変えるといいです。 com• 上の画面のように目次とページ番号を記載する方法についてご紹介します。 プレゼンでは、最初に概要を説明するのが一般的です。

>

レイアウトの視点から考える、伝わるプレゼン資料の構成要素(追記あり)|PowerPoint Design

だからこそ、細かな気配りが必要で、目次についてもあった方がいいのか、はたまた無い方がいいのかを真剣に考える必要があると思うんです。 エステ運営会社 プレゼン資料• 自動調整オプションについては、以下の記事で解説しています。 1枚のスライドに多数の要素が詰め込まれ、情報過多になっているケースは決して少なくありません。 タイトルをコピーして貼り付け 一枚目のスライドから、タイトルのついたスライドを選択して、コピーします。 併せてぜひご覧ください。

>

目次スライドを作成したい:PowerPoint2013基本講座

ちなみに画像は小さく使うよりも、堂々と大きく使用したほうが存在感が増します。 スライドの枚数が増えたり、コンテンツが複雑だったりすると、どうしても「ここだけ違う色を使いたい」、「ここだけ余白を無くしたい」ということが出てきます。 色を変更するハイパーリンクを選択します。 写真のキャプションを挿入する• スポンサードリンク |PowerPoint2013基本講座:パワーポイントの使い方:目次. ですから、全体の構成は多くても 5つぐらいで構成されることが望ましいでしょう。 目次があることで、章ごとに区切ることができ、長いプレゼンもわかりやすく分割して伝えることができるんです。

>

目次のクリックでスライド表示−ハイパーリンク:PowerPoint(パワーポイント)の使い方/スライドショー・アニメーション

今回は、PowerPointで目次スライドを自動的に作成する方法を解説します。 併せてぜひご覧ください。 「ノート」の画面表示モード 各スライドのノートを編集する際に、画面表示を「ノート」に切り替えて作業を進めていく方法もある。 ハイパーリンクの編集削除方法 まず、PowerPoint(パワーポイント)のハイパーリンクを 設定したいテキストもしくはオブジェクトをクリック• 箇条書き全体の行頭が番号順になりました。 プレゼンテーションの冒頭に、目次のスライドを使って概要を説明することがあります。 これを「両端揃え」に変更するときは、「Ctrl」+「A」キーですべての文字(すべての段落)を選択し、「両端揃え」のアイコンをクリックする。

>