北見 ハッカ 油 スプレー マスク。 マスクにも使える「北見 ハッカ油スプレー」のこと

冷感マスクに変身!!【北見ハッカ油スプレー】|算命学を学ぶ50代主婦のブログ

。 動物は精油の成分を体内で分解できません。 なので、肌に直接つかないように、ハッカ油スプレーを マスクに1プッシュ噴きかけるとマスク全体に広がって 簡単にハッカ油マスクができます。 靴下やシャツなどに吹き付けて、ニオイ対策にも使えます。 どうも品薄のようです。

>

ハッカ油スプレーでマスクが爽快に?コロナの夏を乗り切る方法!

なので、肌が弱い方や、刺激が心配な方は、 めんどくさがらず薄めて使ってみてくださいね! (私はめんどくさくてそのまま使ったのが本音です…) スプレーする位置はアゴがいい、けど… 本当はアゴの位置あたりにスプレーするのがいいようですが、 普段ノーズミントも愛用しているので、 その感覚で、 私は鼻の下あたりにスプレーしてみたんです。 無水エタノールで利用できるプラスチックは、さらに注意が必要です。 今は品薄状態のようです・・・。 精油とは、主に植物から産出する揮発性と芳香性の高い油のことをいい、アロマオイルなどにも使用されています。 ただ、ハッカ油を直接使うと刺激が強いので、マスクの内側ではなく 外側に1滴たらすのがオススメです。 実際に使って気づいたことは、 マスクの外側にスプレーがおすすめということです。 北見産のハッカは明治時代から製造されはじめ、近年再び注目されています。

>

ハッカ油の効果とマスクにハッカ油をスプレーする使い方の注意点

そうしましたら… やはり結構な刺激があったので、 やっぱりアゴあたりにスプレーするのがオススメです。 ですので、ハッカ油スプレーの容器は 溶けないプラスチック製品で作られた容器を使いましょう。 そんな時は、ハッカの爽快感が喉や鼻の辛さにとても 効果が期待できるんですよ。 でも私はちょっとこの刺激が気に入ったので、 こりずにまた鼻の下あたりにしてしまうかも。 ハッカ油スプレーでマスクが爽快になるかについてはこちらに詳しく書いてあります。

>

マスクが暑くて嫌な人がハッカ油スプレーを試すべき3つの理由

このハッカ油のマスクが活躍するのは、花粉症の時期だけではありません。 難点は、日中に、使っているマスクをリフレッシュしたいときに、使えない方法であることです。 皮膚や体質に異常があるときは、医師に相談する• 目に入らないようにする• これは便利!!です。 。 ハンカチやティッシュにシュっとして、こまめに香りを嗅いでいると いつのまにか鼻がスーッとすっきりしてきます。

>

冷感マスクに変身!!【北見ハッカ油スプレー】|算命学を学ぶ50代主婦のブログ

マスクの左半分、右半分に分けて1回ずつ合計2回でも十分です。 ハッカ油がNGな容器については後ほどお伝えしますね。 色々と使えるハッカ油ですが、猫を飼っている場合は注意したほうがいいみたいです。 我が家では、マスクに 次の方法で使っています。 何とかならないだろうか?と思いませんか。

>

冷感マスクに変身!!【北見ハッカ油スプレー】|算命学を学ぶ50代主婦のブログ

コスト的に、国内産のハッカ草を使うのは難しいのかもしれませんが、北見ハッカ通商さんは、国内のハッカ草の栽培にも取り組んでいるそうです。 リンク:. 効果は持続しないため、虫除けとして使う場合は、こまめにスプレーしてください。 マスク用ハッカ油スプレーの作り方 [材料] 水道水(精製水でもOK) 100ml ハッカ油 2~8滴(初めは2~3滴。 北見ハッカ通商のハッカ商品は、北海道の大人気土産品となっています。 昔、流行った塗る風邪薬vicsを思い出しました。 個人的には、ガラス容器のほうが残量が見えるのでオススメです。

>

ハッカ油スプレーの作り方!マスク・虫除け・消臭・マウスウォッシュ使い方

また、肌の弱い方はハッカ油の刺激で肌を傷めてしまう可能性もありますので、 使用する前にパッチテストを行っておくことをおすすめします。 マスクを外して出歩くことがなかなか難しいと思うので、暑い夏を乗り越えるためにハッカの香りを一緒に携帯してほしい」 北見放送局の日々のニュースはこちら. 北見ハッカ通商 営業部 松澤弥子さん 「予想以上にたくさんの注文があって驚きました。 とても頼もしい、ハッカオイル! うがいするときに水を入れたグラスに軽~くひと吹き。 結構、きます! これ、涼しいっていうか、 氷点下だよ! かなり刺激的でした 笑 お肌の弱い人は、最初はホンのちょっとの量で試してみてからの方が良さそう。 念のため、マスクの口があたる側に、ハッカ油ティッシュが触らないようにしています。 刺激が強いかも(特に原液) 先ほども少し触れましたが、 本当は薄めたハッカ油をスプレーするのがいいようです。 化学物質過敏症の方もNGです。

>