横浜 市 信用 保証 協会。 横浜市新型コロナウイルス感染症対応資金(実質無利子融資) 横浜市

横浜市信用保証協会による短期継続保証制度「けいぞく」が創設され、プロパ-協調型協会保証制度「よこはまタイアップ保証」が一部改訂されました

• が創設される• 融資対象2は金融機関申込時に計画書等が必要です。 許可番号第47号)があり、信用保証協会から債権回収を受任している。 担保がなくても利用が可能である。 横浜市信用保証協会の外部専門家派遣事業で交付される生産性向上に向けた提案書のうち、設備投資に関する提案部分(写) 融資対象者1(IT導入特例) 1. NPO法人向けの資金 名称 内容 NPO法人のみご利用いただける資金で、他の資金に比べ据置期間を長く設定しています。 法人代表者の連帯保証が付された本制度の保証を、経営者保証免除対応を適用した本制度の保証で借換える場合 融資利率 1年以内 0. 借入申請時には、信用保証協会と金融機関のそれぞれで審査が必要なため、信用保証協会の保証があっても、金融機関からの借入が100%実行されるとは限らない。

>

全国の信用保証協会

決算書・確定申告書の写し(原則、直近2期分)• 資金需要に応じ、各資金で資金調達をサポートします。 借入申請時には、信用保証協会と金融機関のそれぞれで審査が必要なため、信用保証協会の保証があっても、金融機関からの借入が100%実行されるとは限らない。 当座貸越根保証制度• 詳細は、最寄りの税務署にお問い合わせください。 社団法人設立• ) 利率(年利) 1年以内 0. 根拠法であるが公布・施行される• 【条件変更改善借換型】 既存の保証付き借入金の返済条件の緩和により、資金調達が困難となっているものの、金融機関と認定経営革新等支援機関の支援を受けて自ら事業計画を策定、計画の実行及び進捗の報告を行い、資金繰りの正常化を図る方がご利用いただけます。 が創設される• 関連企業として、の 保証協会債権回収株式会社(通称:保証協会サービサー。

>

信用保証協会の仕組みと、利用するメリットや留意点について教えてください。

(2)信用保証協会利用の留意点• 詳しくは以下のページをご覧ください。 ただし、2018年以降同社への受任の解除が相次いでいる。 • 既に取得したものは取得したことがわかる書類 融資対象3 (公害防止) 1. 横浜市信用保証協会の外部専門家派遣事業で交付される生産性向上に向けた提案書のうち、設備投資に関する提案部分(写) 融資対象者1(IT導入特例) 1. 申込金融機関が、主力行または準主力行から上位3位金融機関に変更 協調融資割合を6割以上から3割以上に変更 制度の概要についてはこちらまで 横浜市信用保証協会のホームページにリンクします. 中小製造業設備投資等助成金交付額確定通知書(写) 《に関するお問合せ先》 経済局ものづくり支援課/電話:045-671-2597 - 融資対象者2 1. 信用保証協会の仕組みと、利用するメリットや留意点について教えてください。 融資対象1~3は、次の窓口が発行する認定書が必要です。 江口浩一郎『信用保証』( 金融財政事情研究会 2005. 特別小口保険・無担保保険などが創設される• 個人事業主で貸借対照表および損益計算書を作成していない方や創業者等、財務評価ができない方については区分5の料率が適用されます。 設備投資を行う方向けの資金 名称 内容 市内設備の設置や更新を行う方、本市から認定された先端設備等導入計画に従って先端設備等を導入する方がご利用いただけます。 貿易関係企業の方向けの資金 名称 内容 輸出契約に基づいて行う貨物の買い取り・生産・加工・集荷や、輸入契約に基づいて行う輸入手形・送金決済などの際にご利用いただけます。

>

信用保証料について

事業承継を図る方向けの資金 名称 内容 事業を引き継ぐために事業用資産等の譲渡を受ける方、持株会社によって事業会社の株式を集約しようとする方、代表者個人で株式等を取得する方、M&A等によりこれから事業承継を行う方、計画に基づき事業承継の準備を進める方、又は、事業を引き継いで新たな事業を実施する方がご利用いただけます。 資金繰り円滑化借換保証制度• 東日本大震災により被害を受けた方がご利用いただけます。 制度(当貸)などが創設される 1990年代~現在• 申込にあたり「危機関連保証」「セーフティネット保証4号」「セーフティネット保証5号」いずれかの認定が必要です。 なお、個別に定める保証料率が適用される保証制度もあります。 金融機関へ借入金元本の返済をする。 の急増に伴い、より「 信用補完制度 の健全な運営」がされる• 特別小口保険・無担保保険などが創設される• 設備投資おうえん資金(IoT導入特例)計画書 に関するお問合せ先》 (公財)横浜企業経営支援財団/電話:045-225-3733 融資対象者1(IoT導入特例) 【横浜市中小製造業設備投資等助成金の設備投資型】 1. 連帯保証人問題 [ ] 信用保証協会は第三者の連帯保証人を必須としてきた。

>

横浜市信用保証協会による短期継続保証制度「けいぞく」が創設され、プロパ-協調型協会保証制度「よこはまタイアップ保証」が一部改訂されました

• 同様の公的信用保証制度は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、韓国、台湾などでも採用されている。 • 2 新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比し て20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少することが見込まれる こと。 信用保証料率の弾力化、申込書等全国統一書式の制定、第三者保証人等の取扱改定、当座貸越根保証の取扱改正が実施される• (注) (注)責任共有制度の対象となる保証制度を活用した資金から、本資金に借り換える場合は、 責任共有制度の対象外となるセーフティネット保証4号を活用することはできません。 貿易関係企業の方向けの資金 名称 内容 輸出契約に基づいて行う貨物の買い取り・生産・加工・集荷や、輸入契約に基づいて行う輸入手形・送金決済などの際にご利用いただけます。 一方、金利以外に、借入金額や借入期間などに応じた保証料というコストを負担しなければなりません。 が統合され、が設立される• 創業時や経営環境が厳しいとき、また企業の成長のためには、借入による事業拡大が欠かせません 信用保証協会から保証をもらうためには、信用保証協会に借入金の返済ができる事業者であると認めてもらう必要があります。 (注2)保証期間は融資予定日から最終期限までの日数とします。

>

申込書類・様式 横浜市

必要書類 融資対象者 必要書類 様式 融資対象1 1. 事業継続力強化計画を国に提出し、国の認定を受けた方で、事業継続力強化計画に従って事業継続力を強化する方がご利用いただけます。 。 許可番号第47号)があり、信用保証協会から債権回収を受任している。 10)• 個人では、直近の確定申告における申告所得金額200万円以上あること <保証限度額> 100万円以上2000万円以内 *ただし直近決算(確定申告)の平均月額の2倍以内 保証期間、信用保証率等詳しい内容につきましては、こちらまでお問合せください。 資金繰り円滑化借り換え保証制度が創設される• ) 3. 設備資金の場合は見積書・レイアウト・カタログ等• 設備投資おうえん資金(経営支援特例)申込人資格要件等申告書 3. 区分 1 2 3 4 5 6 7 8 9 責任共有保証料率 1. 小規模企業者向けの資金 名称 内容 従業員20人(商業・サービス業5人)以下の小規模企業者がご利用いただけます。

>

新型コロナウイルス感染症対策特別資金(売上20%以上減少型) 横浜市

信用保証協会、または金融機関へ保証を申し込む。 • 必要書類 融資対象者 必要書類及びお問合せ先 様式 融資対象1 (国の指定に基づく不況業種) 《認定必要書類》 1. 「 」(この様式は別枠となる認定申請書ではありません。 設備投資おうえん資金(IT導入特例)計画書 融資対象者1(IoT導入特例) 【(公財)横浜企業経営支援財団のIoT導入に係る計画作成支援】 1. 必要書類 融資対象者 必要書類及びお問合せ先 様式 融資対象1 (国の指定に基づく不況業種) 《認定必要書類》 1. 【経営改善サポート型】 信用保証協会の経営サポート会議による検討、再生支援協議会等の支援によって策定された事業再生の計画等に従って、事業再生を行い、計画の実行と進捗の報告を行う方がご利用いただけます。 市中の金融機関からの借入と比較して、長期の借入が可能である。 新型コロナウイルス感染症の影響により、最近1か月の純売上高や売上高総利益率が5%以上減少している方がご利用いただけます。 倒産企業に対する債権額(30万円以上)を確認できる書類(手形原本等) 4. 経営力の強化・向上、防災・減災に取り組む方向けの資金 名称 内容 金融機関及び認定経営革新等支援機関の支援を受けている方、国に認定された経営力向上計画に従って新事業を実施する方がご利用いただけます。

>

申込書類・様式 横浜市

【終了】 ) 新型コロナウイルス感染症の影響に関して、セーフティネット保証4号の認定を受けた方がご利用いただけます。 沿革 [ ] 創設期• 必要書類 融資対象者 必要書類 様式 融資対象1 ((公財)横浜企業経営支援財団の海外展開に係る計画策定支援) 1. よこはまプラス資金(海外展開)事業計画書 《融資対象2・4・5に関するお問合せ先》 (公財)横浜企業経営支援財団/電話:045-225-3730 《融資対象3に関するお問合せ先》 経済局国際ビジネス課/電話:045-671-3834 融資対象1、3には、所管課が発行する認定書が必要です。 また、既に印紙税を納付している場合には、その納付された印紙税額に相当する金額の還付を受けること ができます。 国の指定した災害により直接被害を受けた方がご利用いただけます。 中小企業信用保険との関係 [ ] 信用保証協会は株式会社との間で再保険契約()を結んでいる。 が創設される• 倒産企業に対する債権額(30万円以上)を確認できる書類(手形原本等) 4. 1.信用保証協会とは 信用保証協会は、信用保証協会法に基づき、中小企業や小規模事業者の円滑な資金調達を支援することを目的に設立された公的機関です。 • 信用保証協会の信用保証料を負担しても、信用保証料は保険ではないため、代位弁済があっても借入金自体はなくならない。

>