スウェーデン の コロナ 感染 者 数。 ロックダウンを行わなかったスウェーデン、1日あたりのコロナ感染者・死亡者数が激減

スウェーデンのコロナ戦略は失敗か 死者数は急速に減少

その結果、近隣の国に比べて深刻な被害を出していますが、「失敗だったと評価するにはまだ早すぎる」との声もあがっています。 2020年3月28日:スウェーデン公衆衛生局のホームページがレポート形式を変更したため、本記事でも表記を変更しました。 Sathya Narayanan、Kanupriya Kapoor、Kavya B. ヨーロッパの新型コロナウイルスの累積感染者数は同月22日に560万人を超え、アメリカ、インドに次ぐ3番目の多さとなった。 また、スウェーデンの隣国デンマークでは、人口100万人当たりの死者数は108人で世界215カ国中52位と、スウェーデンと比べると被害は小さく抑えられています。 テグネル氏によると、スウェーデンの新型コロナの感染者数と死者数に関する最新データは、 集団免疫戦略が機能し、スウェーデンではコロナウイルスの免疫がすでに比較的獲得されていることを物語っている。 イギリス政府はマンチェスターなどで同月23日からパブやバーの休業を命じた。

>

「集団免疫」を選択したスウェーデンのコロナ感染者が10万人を超える…死亡率は北欧最高=韓国報道│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

スウェーデンが、これほどの被害を出しながらも「集団免疫戦略」を採った理由の1つは、ロックダウンがもたらす経済的な損害を避けることにありました。 「第三波」による被害を最小限に食い止めるためには、「第一波」がヨーロッパに波及した折も、ロックダウンを採用せず、国民に「集団免疫」を獲得させるような施策を取ったスウェーデンを見習うべきだ。 スウェーデン在住ということで、最近までは母国日本の友人や家族の健康状態を日々心配してきましたが、ここ最近ヨーロッパ内にも新型コロナウィルスの感染報告が増え始めたため、今回は急遽スウェーデンにおける新型コロナウィルスについてまとめてみました。 スウェーデンの感染者数は増え続けていて、ノルウェーの感染者数はすでに減り始めているようだ。 4月20日現在、人口536万人のノルウェーでは、新型コロナウイルスの感染者数は7100人を超え、181人が死亡。 人口550万人のフィンランドでは感染者数が3800人を超え、94人が死亡している。

>

なぜスウェーデンは、コロナ感染者数が突出して少なくなったのか?

パッパの同僚の中にもスウェーデン北部のスキーリゾートに1週間滞在してスキーやウィンタースポーツを楽しみますが、中には 海外旅行を楽しむ家族もいます。 、Lakshmi Siddappa、Lisa Shumaker、Mrinalika Roy、Nallur Sethuraman、Natalie Vaughan、Nikhil Subba、Olga Beskrovnova、Padraic Cassidy、Rohith Nair、Roshan Abraham、Sabahatjahan Contractor、Sanjana Vijay Kumar、Seerat Gupta、Shaina Ahluwalia、Shashank Nayar、Shreyasee Raj、Siddharth Roy Choudhury、Simon Jennings、Sridhar Shrivathsa、Veronica Snoj、Wen Foo、Yajush Gupta 日本語版制作・編集 宗えりか、田頭淳子、照井裕子、本田ももこ、山口香子. 4月中旬にピークを迎えたのを境に、ゼロに向かって一直線に減っているのが分かります。 スウェーデンの死亡者数は、他の北欧諸国の10倍近い。 東京の地下鉄や電車の中、街中の人々はほぼ100%マスクを着用し、少々異様な違和感を覚えることすらある。 2020年3月20日:スウェーデン公衆衛生局が14:30に公表したデータを更新。 言うまでもなく、ロックダウンや自粛の可否については、他国の事例だけで可否を判断できるわけではない。

>

ロックダウンを行わなかったスウェーデン、1日あたりのコロナ感染者・死亡者数が激減

2020年3月10日14時、が新型コロナウィルスが感染拡大する危険度を「中程度」から「非常に高い」に変更しました。 そんな中で経済活動の継続を言い続けるのは胆力のいる決断だが、流れに任せずに、経済と命のバランスの最適解を見つける努力だけは怠ってほしくない。 しかし、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学のアンドレアス・オルトマン教授は、そのように結論付けるのは早すぎると考えています。 2020年3月18日:スウェーデン公衆衛生局が14:00に公表したデータを更新。 死亡者数は、4月に比べれば、低い水準にあると言えますが、現在、死亡者数の増加は加速しており、今の勢いが続けば、遠からず、4月を上回りかねない状況にあります。 誰もこのルートを試していないのに、どうしてスウェーデンでインフォームド・コンセントなしに、わたしたちが初めて試さなければならないのか? 」とFox Newsに語った。

>

スウェーデンの新型コロナウイルスの死亡者数は、なぜ他の北欧諸国に比べて10倍近く多いのか?

政府は50人以上の集会を禁止し、市民に自主隔離を求めているが、学校、レストラン、ジムは開いたままで、生活はほとんど変化していないように見える。 10月21日までの10日間の新型コロナ感染者数と死者数(人口10万人当たり、ヨーロッパ疾病予防管理センターのデータより)をみると、以下の通りスウェーデンの少なさが際立っている。 1週間前はこのような結果を誰も予測することはできなかったという。 このウイルス感染を防ぐために、日本でもヨーロッパでも「三密を避ける」「マスクの着用」「消毒」が推奨、半ば強制されている。 オルトマン氏がスウェーデンのCOVID-19対策を評価する中で注目しているのが、COVID-19による死者数が急激に減少している点です。 統計処理ではっきりした数字が出る頃には、上位20カ国の中にすら入らないようになる可能性もあります」と述べました。

>

ロックダウンを行わなかったスウェーデン、1日あたりのコロナ感染者・死亡者数が激減

同氏はかつて新型コロナ対策で集団免疫に賭け、あらゆる制限を最小限に留める措置を取った。 自己主張が強く、何事にも強制を嫌がるイギリスやフランス、イタリアなどのヨーロッパ人のマスク着用率は「76~88%」に対して、スウェーデンではわずか「9%」(イギリス調査会社ユーガブによる)だという。 なお、日本における人口100万人当たりの死者数は9人で世界215カ国中137位でした。 ウイルスが体内に侵入し、気管支や肺などの細胞にくっつき、さらにその細胞内に侵入すると「感染」が成立する。 氏はさらに、「死亡者数に関係するのは、感染者の世代、老人施設での防御、医療システムが機能しているか否か。

>