フィンセン 文書。 【解説】 フィンセン文書、何が分かり何が問題なのか

揺らぐゆうちょ銀の信頼性と地銀再編の加速化

・HSBCの脱税ほう助疑惑(2015年):HSBCのプライベートバンキング部門が富裕顧客に巨額脱税を指南していたと示す口座情報が流出した。 不正疑惑のあった主な銀行 HSBC イギリス最大の投資銀行のHSBCが2013年から2014年にかけて、8000万ドル規模の投資詐欺グループの海外送金を認めていた、とBBCニュースなどの大手メディアが報じました。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 フィンセン文書(フィンセンぶんしょ、: FinCEN Files とは、の金融犯罪取締ネットワーク部局(FinCEN)に金融機関が提出した不審行為報告書(SAR)であり、行為が疑われる事案を報告した文書である。 口座の名義人が不明である。 それにも関わらず、その手掛かりが途中でリークされたということは、 普通に考えればアメリカ当局にとってはマイナスでしかない。

>

【解説】 フィンセン文書、何が分かり何が問題なのか

フィンセン文書の問題点 金融当局・金融機関の不正 犯罪者は、犯罪によって得たお金を使うために、お金の出どころを消し、正当なお金だと見せかけるマネーロンダリング(資金洗浄)を行いたがります。 金融当局や金融機関はこのマネーロンダリングを阻止しなければいけない立場ですが、フィンセン文書では、金融当局や金融機関がこの不正なお金の流れを把握しつつ、マネーロンダリングを止めなかったことが明らかになっています。 世界の麻薬資金や、犯罪資金が国内だけに留まらず、海外とのやり取りに使われるようになった事によって、これを取り締まるための機関FATF(Financial Action Task Force) マネーロンダリングに対する金融活動作業部会というものが国際社会で作られました。 。 各金融機関は、法律上の義務で、顧客の本人確認を徹底して犯罪者でないかどうかなどを確認し、顧客の行動で不審な点があった場合、その情報をFinCENなどの当局に届け出て、犯罪の証拠がある資金移動を止める義務があります。 膨大な量の政府文書から、欧米のメガバンクが、疑わしい取引に絡む数兆ドル規模の資金移動にどのように関与していたかが、初めて明らかになった。 現時点で、フィンセン文書のすべてが明らかになったわけではなく、今後も様々な事例が指摘される可能性がある。

>

衝撃の「フィンセン文書」とは何か?東京五輪も関与、日本の金融機関の名前も

日本に招致決定したブエノスアイレスの前夜、日本はイスタンブールに負けていた。 嫌疑があったら報告が行くと思いますが、立件することは難しいです。 アラブ首長国連邦(UAE)中央銀行は、対イラン制裁を破った地元企業への警告を受け取ったにも関わらず、対策しなかった• 記述方法については、を参照ください。 金融機関は法律によって、疑わしい取引というものを報告しなくてはいけません。 高橋)以前、パナマ文書やパラダイス文書なども出ました。 飯田)いろいろなものが出たけれども。 は、組織犯罪やテロ組織、違法薬物の密売人などの資金洗浄の温床になっていた• 朝日新聞社は12年に提携し、「パナマ文書」や「パラダイス文書」「ルクセンブルク・リークス」などのICIJの取材・報道プロジェクトに参加した。

>

取引総額、2兆ドル以上。「フィンセン文書」が暴く、資金洗浄で巨額の収入を得ていたメガバンクの実態

ただし、ICIJ(International Consortium of Investigative Journalists、国際調査報道ジャーナリスト連合)のでは、以下の銀行による取引がSARに記録されていることが確認できる。 何百人ものジャーナリストが難解で技術的な文書を読み解き、金融機関が世間に知られたくないだろう内容を明らかにした。 米ドル・ベースの不審な取引については、アメリカ国外でのものであってもフィンセンへの報告が義務付けられている。 出資者への支払いを維持するために、ますます出資者を増やさなくてはならない。 HSBCの脱税ほう助疑惑(2015年):した• 投資対象は、クラウドコンピューター技術への投資機会だった。 マネーロンダリング(資金洗浄)は、他の犯罪の温床となる犯罪行為だ。

>

フィンセン文書の正体 マネーロンダリングの手口 パナマ文書の解析機関

フィンセン文書ではこのほか、ロシアの富豪が制裁を逃れて西側諸国と取引をするために金融機関を利用していた実態も分かっている。 法律上、金融機関は顧客の身元を知っていなくてはならない。 都は土地価格を10分の1の値段で売っている。 この分析には世界88カ国108の報道機関が関わり、BBCの報道番組「パノラマ」も参加した。 同行は、この取引に「経済上の、あるいはビジネス上、もしくは合法的な目的が見受けられない」として、「ポンジ・スキーム活動」の疑いがあると指摘している。

>

テレビが報じぬフィンセン文書と「東京五輪ワイロ」菅政権は説明責任果たせ=今市太郎

犯罪行為の証拠がある場合、金融機関は資金の移動を止めるべきとされる。 JOC会長・竹田恒和がブラックタイディング社を通して世界陸連トップ、ラミンディアク・パパマッサタディアク父子に、アフリカ諸国の20票の、取りまとめの為の裏金2億3000万円を贈賄せねば。 それがフィンセン文書の正体という事になります。 漏洩された資料によると、ABSIの親会社は「エミオン・モギレヴィッチに関係しているかもしれない」とJPモルガンのSARは指摘している。 FATFは当初、マフィアなどの麻薬資金の洗浄 それが、結果的にテロ組織やテロ支援国家の取り締まりに使われるようになった。 最初に同文書を入手した米バズフィード・ニュースが、ICIJに提供した後、世界中の記者400人が内容を精査してきた。 ・ルクスリークス(2014年): 国際会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)から流出した文書では、多くの多国籍企業がルクセンブルクの税務当局との取り決めの下で税制優遇措置を受けていた。

>

テレビが報じぬフィンセン文書と「東京五輪ワイロ」菅政権は説明責任果たせ=今市太郎

SARは告発ではなく、犯罪の可能性がある疑わしい取引を警告するもので、機密書類として厳格に管理されているため通常であれば公になることはありませんでした。 明らかになったHSBCのSARによると、HSBCがアメリカでマネー・ロンダリング(資金洗浄)をめぐり19億ドルの罰金処分を受けた直後から、「マルチ商法」や「ポンジ・スキーム」などと呼ばれる投資詐欺が始まった。 米 JP モルガン は、オフショア企業の所有者を把握しないまま、ロンドンの口座への10億ドル以上の送金を認めていた。 こうした内容は、国際的な金融機関などが最も厳格に守り、秘密にしているものだ。 米財務省のFinCENから漏えいした文書は、複数の大手銀行を経由して資金が洗浄されていた手口や、犯罪者が匿名のイギリス企業を使って資金を隠していた様子などを明らかにしている。

>

NY為替見通し=フィンセン文書による株価と、最高裁判事死去による米政局の動きが為替市場に注目

高橋)解析だけで時間がかかるので、ますます過去の話になってしまい、わからなくなると思いますよ。 2000年には「組織的犯罪処罰法」の施行に伴い「疑わしい取引の届出制度」を麻薬犯罪から一定の重大犯罪にまで拡大。 さらに東京オリンピックを巡り招致委員会がコンサルタント契約を結んで日本円で2億円超を振り込んだとされるシンガポールの会社の口座から、IOCの委員だったラミン・ディアク氏の息子に3,700万円ほどが送金されていたことも詳らかになってしまい、とんだところで悪事が明らかになる事態に陥っています。 このような状況になった場合、銀行は破綻に直面する事になります。 SARは違法行為の証拠ではなく、金融機関が不審と思う顧客の行動を金融当局に知らせるためのもの。 しかし、情報の出典については明らかにされていません。

>